|秋田県|秋田市|ゴミ処理|粗大ゴミ|リサイクル事業|産業廃棄物中間処理|機密・不要文書出張裁断(エコポリスバン)|一般廃棄物収集運搬(粗大ごみ含む)|廃家電収集運搬(リサイクル券取扱い販売含む)|産業廃棄物収集運搬|特別管理産業廃棄物収集運搬(医療系)|古紙・段ボール回収|各種ごみ袋・ごみ容器販売|清涼飲料水販売|清清掃作業|食品リサイクル|

ゴミ処理ならおまかせください! 秋田協同清掃株式会社 ゴミ処理ならおまかせください! 秋田協同清掃株式会社 ゴミ処理ならおまかせください! 秋田協同清掃株式会社

TOP >> 会社概要・スタッフ紹介

個人のお客様
法人のお客様
法人のお客様
回収の流れ
環境理念・方針
リンク集
会社概要
無料見積り・お問合せ
トップページへ戻る
お見積り無料
フリーダイヤル 0120-49-5353
お見積りは 無料で承っております。
どうぞお気軽にお申し付け
下さい!
>>ホームページからのお見積り依頼はこちら!
会社概要
 



はじめに・・・
私たちは、『豊かな生活環境の保全と循環型社会の構築』を目指し地域の環境美化に微力ながら寄与いたしております。
秋田県内業者最大手・・・
当社スタッフ80名と約60台の車両がお客様のニーズにお答えする為、日々サービス向上に努めております。
新料金システム・・・
より多くのお客様にご利用いただけるよう他社には無い、当社ならではの料金システムをご用意いたしました。詳細につきましては営業員がお伺いしてご説明いたします。



社 名

秋田協同清掃株式会社

所在地
〒 010-1612  秋田県秋田市新屋豊町4番30号
TEL/FAX
TEL: 018-864-7300 / FAX: 018-864-7328
営業時間
AM8:00〜PM5:00
資本金
1,000万円
会社代表
代表取締役社長 松川 一浩
取引銀行
秋田銀行本店・北都銀行本店・
秋田信用金庫本店・岩手銀行秋田支店
従業員
80名
主要取引先
秋田県庁様/秋田市役所様/日本銀行秋田支店様/
国土交通省様/法務局様/刑務所様/秋田アトリオンビル様/
王子製紙様/北都銀行様/秋田信用金庫様/岩手銀行様/
外旭川病院様/秋田赤十字病院様/中通総合病院様/
NLTテクノロジー秋田工場様/イヤタカ様/スーパー/
ホームセンター/学校・医院/家電量販店/自動車販売店/
ガソリンスタンド/コンビニエンスストア/

ISO14001認証企業(ECO4J0390)

大きな地図で見る



昭和44年6月1日
秋田清掃促進協会を組織する。事務所、秋田市高陽柳町16-12
設立の趣旨:秋田市で営業する清掃業者による協同事業、並びに公正な経済活動と社会的地位の向上を図るとともに、秋田市の清掃美化に寄与する。
昭和45年3月19日
秋田協同清掃株式会社を設立(資本金150万円)
所在地 秋田市八橋戌川原136番地
秋田市より塵芥処理業務を受託する。
昭和51年8月12日
増資により資本金270万円とする。
昭和54年4月13日
新社屋建設 現在の秋田市新屋豊町4番30号に移転する。
昭和60年7月13日
増資により資本金600万円とする。
平成6年7月1日
有限会社 新生舎と合併する。
平成7年6月29日
資本金1,000万円とする。
平成8年7月26日
発泡スチロール中間処理(溶融)事業開始。
平成8年10月4日
移動式汚泥脱水施設導入、汚泥中間処理事業開始。
平成10年10月8日
取扱量増加の為、発泡スチロール溶融施設を従来のボイラー式溶融から、摩擦熱利用の新システムに転換。
平成15年1月8日
機密・不要文書出張裁断処理システム車エコポリスバン導入。
出張裁断サービス事業開始。
平成15年5月15日
産業廃棄物中間処理(破砕)リサイクルセンター操業開始。(金属くず、木くず、紙くず、廃プラスチック類、ガラス及び陶磁器くず)
平成17年6月27日
エレメントの切断処理事業開始
平成21年7月9日
RPF(固形燃料)の製造事業開始
平成26年9月9日
食品系廃棄物再生利用事業開始
 
▲秋田市許可車両 ▲秋田市委託車両
 
▲汚泥車両  
▲発泡スチロール中間処理施設 ▲エレメント切断処理施設
 
▲中間処理(破砕)施設  


■RPF(固形燃料)製造施設

 
秋田協同清掃株式会社
〒010-1612 秋田市新屋豊町4-30 TEL 018-864-7300 FAX 018-864-7328
フリーダイヤル 0120-49-5353

このマークの意味は?